ディーゼル車の排気ガスDPF

ビルテクノスKAWAHARA、昇です。
トラックは排気ガスを綺麗にするDPFというシステムがあるのをご存じでしょうか。

そのDPFには排気ガスの出るマフラーのタイコ部分にスス、PMを除去するようなフィルターが付いて、DPFにススが溜まってくると車はエンジン回転を上げてフィルターの温度を上げて高熱でスス、PMを燃やして除去するのです。

凄く良く考えられたシステムですよね。

このススを燃焼させるのに、警告ランプが点灯すると僕は手動再生か自動再生をさせるのですが・・・

燃焼させ終わっても何故か警告ランプが付いたり消えたりするのです。

ここは洗浄が必要となってくるとおもったのですが、専用の洗浄機械や洗浄剤を使って行うとこや、マフラー分解も必要となるかもしれないので、一応藤栄自動車さんに入庫して見てもらいました。

結果はマフラーを分解せずに治ったみたいです。
本当に助かりました。
もしトラックが動かなければ、僕は明日からトラック無しで走って配送しなければならないところでした(汗)

トラックは大事な相棒ですので大事に扱っていきたいです・・・

藤栄自動車さんありがとうございました。
以上、昇でした。